ペットの墓石専門店 メモリアル・プロストーン

  • ペットロスをなくすために
  • 施設検索
  • ペットが亡くなったら?
  • 供養について
  • 墓石のご紹介
  • お仏壇のご紹介
  • 火葬場・葬儀社
  • ペット霊園
  • 動物病院
  • ペットショップ
  • ドッグカフェ・ドッグラン
大切な家族を失った悲しみは、ペットを亡くした人にしかわかりません。
亡くなったという現実をなかなか受け入れられず、気がつくと涙を流している…。それはきっと自然なことです。
無理に気持ちを抑えよう、忘れようとする必要なありません。いつか必ず心が休まる日が来るから。なぜなら、自分のためにいつまでも悲しんで泣いているあなたのことを、あなたが大切にしていたペットが望んでいるとは思えないからです。

ペットが死んだ時、「もっと早く病院に連れていけば良かった」「あの時のあの選択は正しかったんだろうか」と、自分がしたことを思い出しては後悔し、自分で自分を責めてしまいます。
一生懸命にペットと向き合い、家族として本気で愛してきた人だからこそ、後悔の念が強くなるような気もします。

どうか、自分を責めないでください。
死とは、どんなにあがいても逆らえない運命です。
大好きな家族が悲しんで泣いてばかりいては、天国のペットも
悲しんでしまいます。

今日は無理でも、明日は笑えるかもしれません。
明日は無理でも一年後には、「ごめんね」ではなく、
「ありがとう」と言えるかもしれません。