ペットの墓石専門店 メモリアル・プロストーン

  • ペットが亡くなったら?
  • 供養について
  • ペットロスをなくすために
  • 施設検索
  • 墓石のご紹介
  • お仏壇のご紹介
  • 火葬場・葬儀社
  • ペット霊園
  • 動物病院
  • ペットショップ
  • ドッグカフェ・ドッグラン
大切な家族がいなくなる…。悲しいことですが、その日はいつか必ず訪れます。もし、その日が来たら、どうすればいいのでしょうか。大切な家族の一員であるペットが亡くなった時の、ご自宅で安置方法をご説明します。

安置方法

・安置する前に…。
亡くなったあと、からだの硬直が始まります。そのままにしていると、前肢と後肢がぴんっと突っ張ったまま硬直してしまいます。ペットが亡くなったら、前肢と後肢を胸の方へそっと折り曲げてあげてください。※硬直中は、決して無理に身体を曲げたりしないでください。

・ご遺体をきれいにしてあげましょう
いつも使っていたブラシで、全身の毛並みを整えてあげて下さい。その後、お湯などで湿らせた布で、からだの汚れをやさしく拭き取ってあげましょう。ご遺体から体液が滲み出す場合があるので、ペットシートやビニールシートなどを敷いておくといいかもしれません。口や肛門周辺もきれいに拭き取ってあげてください。

・安置してあげましょう。
からだがきれいになったら、段ボール箱やゲージ、クッションなどに、ペットを安置してあげましょう。安置してあげるものが決まったら、ペットシートやビニールシートを敷き、その上にタオルなどをのせ、ペットを寝かせてあげます。からだの上にタオルなどをかけてあげてもいいでしょう。安置する場所は日光の当たらない風通しのいい場所に。夏など気温の高い時期には保冷剤をタオルでくるんでお腹のあたりを冷やしてください。花やペットが好きだったもの、フード、おやつなどを一緒に入れてあげてください。※火葬する場合は、プラスチックのオモチャや金物などは入れないようにしましょう。

亡くなった日は…。

家族みんなでお別れをしてあげませんか。たくさんある写真の中から一番かわいいと思う一枚を飾って、お花、お水、ローソク、お線香などを備えて。大好きだったフードやおやつ、おもちゃなども用意してあげましょう。

大切な家族をどう見送りますか。

ずっと一緒に暮らしてきたペットです。このままいつまでもそばに置いておきたいと思う方も多いでしょう。しかし、大切な家族の一員だからこそ、きちんと家族で見送ってあげましょう。ペットのご遺体を火葬する場合は、ペット専門の葬儀社やペット霊園に委託する方法と、住んでいる自治体に依頼する方法があります。

届出や手続きなど

犬が死亡した場合、保健所に鑑札及び狂犬病注射票を添え、飼い犬登録の抹消手続きをする必要があります。